本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



HOME  > 画像検査ブログ  > ドーム照明を作ってみました

ドーム照明を作ってみました

こんにちは。さいとうです。
だいぶ暖かくなりましたね。この時期になると、浜松では夜、ラッパの音が色んな所から聞こえてきます。
そう、浜松っ子の大好きなお祭り「浜松まつり」がGW3日間開催されるのです。
ちなみに、今年はディズニーの仲間たちがパレードに来てくれるらしいですよ。楽しみです!

今回は、手作りドーム照明についてです。
「ドーム照明」とは、検査品全体を均一に照射したい場合に使用する照明です。
小さなキズや打痕、はんだブリッジなどを検出する際に、この照明を使用すると、不良箇所が見やすくなります。
とても便利な照明なのですが、少しお値段が高い…涙
それとあまり大きいサイズの照明がないため、身近にあるもので作ってみました。

ここからは、料理番組のように、材料や作り方をご紹介しますね。

◆◆◆なんちゃって!ドーム照明(200mmΦ)◆◆◆

◆材料
  •  アームライト(リング型で外径が約200mmΦ)…ホームセンター購入5000円程度
  •  塩ビ製の透明半球カップ(200mmΦ)…ネット購入500円+送料
  •  銀色スプレー(透明半球カップ塗布用)…500円程度


◆作り方
  1.  透明半球カップの真ん中にレンズが通る位の丸穴を開ける
  2.  透明半球カップの内側に銀色のスプレーを塗布する(半球カップ内を反射させるため)
  3.  半球カップが乾いたら、アームライトと貼り合わせる。この時、照明が半球カップの内側を照らすようにする


     :
 以上で完成です!台所用品のボールなどでも半球カップの代用ができますので、是非お試しください。
(2013.04.09)

Copyright © SKYLOGIQ Co.,Ltd. All Rights Reserved.