本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



HOME  > 画像検査ブログ  > 基板の防湿コーディング剤検出

基板の防湿コーディング剤検出

こんにちは。さいとうです。

借りている畑でスイカを育てています。
小さな黄色い花がたくさん咲いたので喜んでいましたが、数日経っても実がなりません。
少し調べてみたところ、どうやらこの小さな花はすべて「雄花」。
「雌花」が咲かないので実がならないようです。(…当たり前ですが)
枝豆や生姜が簡単に収穫できたので、果物も~♪ と調子に乗ってしまいましたが、育てることは難しいな~と感じています。

さて、今回はブラックライトを使用した検出方法をご紹介します。
基板上に塗られている防湿塗料の状態は、ブラックライトを使用することで、安定した検査が可能です。
防湿塗料以外にも、蛍光塗料などブラックライトで光るものであれば検出できます。

ブラックライトなしの状態

ブラックライトで照らした状態

ブラックライトを当てた状態で、上部にある照明を消すと、コーティング剤が鮮明に写ります。
この状態で画像検査を行うと、結果が安定します。

※赤色部分は、EasyInspectorで検出した防湿塗料の色(ブラックライト照射)

(2013.07.26)

Copyright © SKYLOGIQ Co.,Ltd. All Rights Reserved.