本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



HOME  > 画像検査ソフト  > はじめての方へ  > 検査してみましょう  > 「寸法角度検査」検査の方法

「寸法角度検査」検査の方法

<1>EasyInspectorの起動
<2>マスター画像の取得
<3>検査枠の設定
<4>検査の合否基準設定
<5>長さ校正  


<1>EasyInspectorの起動
  
インストール時にデスクトップに作成された
ショートカットアイコンをダブルクリックします。 

評価版の確認ウィンドウ
    
こちらのウィンドウは正式版ライセンスをご購入になり、USBキーを差し込むことで表示されなくなります。

カメラ非接続の確認

カメラが接続されていない場合、表示が出ます。
OKをクリックします。

初回起動時のダイアログ

初回起動時にのみ表示され、プリインストールされた
設定を読み込みます。

画面右下の「設定>>」をクリックします。

USBカメラの解像度設定

画面左上のEasyInspectorのタイトルバーにカメラの解像度が表示されています。

初期設定は、640×480(300万画素)に設定されています。
それ以外の解像度のカメラの場合は下記の手順で変更します。

解像度の設定の変更
        
画面右下の[詳細設定]ボタンをクリックします。
         

[次回起動時から有効な設定タブ]をクリックします。

右下の「カメラ解像度」の欄より必要な解像度を
選択します。
        
設定が完了したら[OK]ボタンをクリックし、
ソフトを再起動します。

<2>マスター画像の取得
    
画面下の「設定>>」ボタンをクリックして設定領域を表示します。

検査対象物にカメラの位置とピントを合わせ、画面
左下「マスター」をクリックします。
        
画面右上の「新規」ボタンをクリックして現在撮影中の画像をマスター画像に登録します。


        

<3>検査枠の設定
   
検査項目は「寸法角度検査」です。

検査したい箇所に検査枠を設定します。

「測定項目」の選択
    
各枠で指定された検査領域の(上下左右)どちらの方向から、白→黒または黒→白のどちらの変化をエッジとして捉え、さらにどのような測定(角度、寸法など)を行うのかを設定します。
エッジ検出感度と対象エッジの鋭さの設定
    
エッジ検出感度

コントラストの低いエッジを捉えたい場合は、感度を高く(数値を小さく)します。
ただし、感度を高くするとノイズ等を検出しやすくなりますので、ノイズ等を拾わない 程度のできるだけ小さな数値としてください。
対象エッジの鋭さ
     
通常は「01(鋭い)」に設定します。
焦点が合った画像が取得できずに検出されるエッジの位置がゆらいでしまう場合は、大きな数値に設定します。

<4>検査の合否基準設定
      
「F5 検査開始」のボタンをクリックします。

測定結果をもとに上限、下限の値を入力します。
<5>長さ校正
    
長さ校正を行っていない場合、長さはピクセル単位で表示されます。
これをmm単位に変換したい場合は長さ校正を行います。

長さが分かっているサンプルを用意し、その部分を測定するよう設定します。
    
「F5 検査開始」ボタンをクリックします。

「寸法変換値設定」をクリックします。

「正しい寸法値」に③で得た値を入力します。
      
入力したらOKをクリックして閉じます。

寸法変換の横に1ピクセルあたりの長さがmm単位で表示されます。
      
次回の測定からはmm単位で表示・判定 されます。

Copyright © SKYLOGIQ Co.,Ltd. All Rights Reserved.