本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



HOME  > 画像検査ソフト  > はじめての方へ  > 検査してみましょう  > 「計数・ピッチ検査」検査の方法

「計数・ピッチ検査」検査の方法

<1>EasyInspectorの起動
<2>検査枠の設定
<3>検査をしてみましょう  



<1>EasyInspectorの起動
  
インストール時にデスクトップに作成された
ショートカットアイコンをダブルクリックします。

評価版の確認ウィンドウ 

こちらのウィンドウは正式版ライセンスを ご購入になり、USBキーを差し込むことで表示されなくなります。

カメラ非接続の確認
  
カメラが接続されていない場合、表示が出ます。
OKをクリックします。

初回起動時のダイアログ

初回起動時にのみ表示され、プリインストールされた
設定を読み込みます。

USBカメラの解像度設定

画面左上のEasyInspectorのタイトルバーにカメラの解像度が表示されています。


初期設定は、640×480(300万画素)に設定されています。
それ以外の解像度のカメラの場合は下記の手順で変更します。

解像度の設定の変更
        
画面右下の[詳細設定]ボタンをクリックします。
         
*設定ページが表示されていない場合は下部右にある[設定]ボタンを押すと表示されます。

[次回起動時から有効な設定タブ]をクリックします。
        
右下の「カメラ解像度」の欄より必要な解像度を
選択します。

設定が完了したら[OK]ボタンをクリックし、
ソフトを再起動します。

<2>マスター画像の取得
    
画面下の「設定>>」ボタンをクリックして設定領域を表示します。

検査対象物にカメラの位置とピントを合わせ、画面
左下「マスター」をクリックします。
       
画面右上の「新規」ボタンをクリックして現在撮影中の画像をマスター画像に登録します。


         

<2>検査枠の設定
  
検査項目は「輝度変化検査」の「計数・ピッチ検査」です。
  
検査枠を設定します。

「検査項目変更」ボタンをクリックし、検査枠で指定された検査領域の検査項目を設定します。
   
線の方向(縦/横)と色の変化(白→黒、黒→白)を
4パターンから選択します。

<3>検査をしてみましょう
   
・計数検査
「カウント」のチェックボックスにチェックを入れ、上限、下限の数値を入力します。

ピッチ検査
線の間隔や隙間などを検査する場合に使います。    
「平均ピッチ」のチェックボックスにチェックを入れ、上限、下限の数値を入力します。

Copyright © SKYLOGIQ Co.,Ltd. All Rights Reserved.