本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



HOME  > 画像検査ソフト  > はじめての方へ  > 検査してみましょう  > 「ビームプロファイラ」検査の方法

「ビームプロファイラ」検査の方法

<1>EasyInspectorの起動
<2>マスター画像の取得
<3>検査枠の設定
<4>検査をしてみましょう  


<1>EasyInspectorの起動
  
インストール時にデスクトップに作成された
ショートカットアイコンをダブルクリックします。

評価版の確認ウィンドウ
  
こちらのウィンドウは正式版ライセンスを ご購入になり、USBキーを差し込むことで 表示されなくなります。

カメラ非接続の確認
   
カメラが接続されていない場合、 表示が出ます。
OKをクリックします。

初回起動時のダイアログ

初回起動時にのみ表示され、プリインストールされた 設定を読み込みます。

USBカメラの解像度設定
      
画面左上のEasyInspectorのタイトルバーにカメラの解像度が表示されています。



初期設定は、640×480(300万画素)に設定されています。
それ以外の解像度のカメラの場合は下記の手順で変更します。

解像度の設定の変更
        
画面右下の[詳細設定]ボタンをクリックします。
          
*設定ページが表示されていない場合は下部右にある[設定]ボタンを押すと表示されます。

[次回起動時から有効な設定タブ]をクリックします。
        
右下の「カメラ解像度」の欄より必要な解像度を選択します。
        
設定が完了したら[OK]ボタンをクリックし、
ソフトを再起動します。

<2>マスター画像の取得
      
画面下の「設定>>」ボタンをクリックして設定領域を表示します。
 

検査対象物にカメラの位置とピントを合わせ、画面左下「マスター」をクリックします。
       
画面右上の「新規」ボタンをクリックして現在撮影中の画像をマスター画像に登録します。


         

<3>検査枠の設定
  
検査したい箇所に検査枠を設定します。
複数箇所ある時は「追加」ボタンをクリックします。
  
プロファイルがとれているか確認したいときに「輝度形状を表示」にチェックマークをつけてください。
閾値
   検査品の発光状態に合わせて閾値を設定します。
   検査枠内で一番明るいピクセルの値をピーク値としています。
   [%]選択時は、横の枠に数値を入力してください。
   [固定カウント値]選択時も直接数値を入力してください。

プロファイル中心
   プロファイルの中央位置を選択します。
   「検査枠」を選択すると、検査枠の中心位置を設定します。
   「ピーク」を選択すると、検査枠内の一番明るいピクセルを中心位置に設定します。
   「重心」を選択すると、検査枠内の明るいピクセルが続くバランスの良い場所を
    中心に設定します。
   「X/Y積算のプロファイル」を選択すると、検査枠内の明るさをカウントし、
    積算した結果より中心位置を算出します。

 

検査結果
   幅X:検査枠内で輝度変化しているX幅の値
   幅Y:検査枠内で輝度変化しているY幅の値
   最大カウント:検査枠内の一番明るいピクセル
           位置の値
   面積:検査枠内で輝度変化している面積の値
   カウント合計:検査枠内の明るさの値の合計値





<3>検査をしてみましょう
   「F5 検査開始」ボタンをクリックします。

Copyright © SKYLOGIQ Co.,Ltd. All Rights Reserved.