本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



HOME  > 画像検査ソフト  > はじめての方へ  > 検査してみましょう  > 「傷ブツ検査」検査の方法

「傷ブツ検査」検査の方法

<1>EasyInspectorの起動
<2>マスター画像の取得
<3>検査枠の設定
<4>検査をしてみましょう  


<1>EasyInspectorの起動

インストール時にデスクトップに作成された
ショートカットアイコンをダブルクリックします。

評価版の確認ウィンドウ

こちらのウィンドウは正式版ライセンスをご購入になり、USBキーを差し込むことで表示されなくなります。

カメラ非接続の確認
   
カメラが接続されていない場合、表示が出ます。
OKをクリックします。

初回起動時のダイアログ

初回起動時にのみ表示され、プリインストールされた
設定を読み込みます。

画面右下の「設定>>」をクリックします。

USBカメラの解像度設定

画面左上のEasyInspectorのタイトルバーにカメラの解像度が表示されています。


初期設定は、640×480(300万画素)に設定されています。
それ以外の解像度のカメラの場合は下記の手順で変更します。

解像度の設定の変更
       
画面右下の[詳細設定]ボタンをクリックします。

[次回起動時から有効な設定タブ]をクリックします。
        
右下の「カメラ解像度」の欄より必要な解像度を
選択します。
        
設定が完了したら[OK]ボタンをクリックし、
ソフトを再起動します。

<2>マスター画像の取得
     
画面下の「設定>>」ボタンをクリックして設定領域を表示します。

検査対象物にカメラの位置とピントを合わせ、画面
左下「マスター」をクリックします。
       
画面右上の「新規」ボタンをクリックして現在撮影中の画像をマスター画像に登録します。


        

<3>検査枠の設定
   
検査項目は「傷ブツ検査」です。

検査したい箇所に検査枠を設けます。
   


傷ブツの色を指定します
検出したい傷や汚れなどの色が下地よりも濃い色の場合は”黒”を選択します。
反対に下地よりも淡い色の場合は”白”を選択します。

検出する大きさを設定します
検出したい傷や汚れなどの大きさ(周長)をピクセル
単位で設定します。
この値の適正値が分からない場合は実際にサンプルを検査し、目的の黒ブツの左上に表示される数値を
入力してください。
   
不合格とする個数
検出された傷や汚れなどの数が設定値以上になると不合格となります。





検出感度(輝度差)
淡い色の下地に濃い色の傷や汚れなどを検出する場合は大きい値に設定します。
反対に下地と似た色の傷や汚れを検出する場合は小さい値に設定します。
   
ノイズ除去レベル
小さい傷や汚れなども全て検出したい場合は、小さい値を設定します。
反対に小さい傷や汚れは不合格としない場合は大きい値を設定します。
   
傷ブツの最大幅
検出したい傷や汚れなどの最大幅をピクセル単位で設定します。
「上記より大きい幅のものは検出しない」にチェックをつけると、設定値以上の幅の傷や汚れは検出しません。
   
背景の縞模様
下地に模様があり、縦縞模様に近い場合は”縦縞”を設定、横縞模様に近い場合は”横縞”を設定してください。
<4>検査をしてみましょう

「F5 検査開始」のボタンをクリックします。

Copyright © SKYLOGIQ Co.,Ltd. All Rights Reserved.