本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



HOME  > 画像検査ソフト  > はじめての方へ  > 準備するもの  > 効果的な照明の使い方

効果的な照明の使い方

照明には様々な種類があります。
検査品に一番最適な照明を選定し、照明を当てる高さ・角度を変えることにより、より鮮明に画像を捉えることができます。


小径リング照明では高い位置から照明を当てているため、光源が写り込んでテカリのある画像になっています。
大径リング照明では低い位置から照明を当てているため、光源が写り込まず、キレイな画像が撮れています。

アダプターの表示を撮影しました。左は蛍光灯のみでの撮影、右は斜めからの照明を当てて撮影しています。

Copyright © SKYLOGIQ Co.,Ltd. All Rights Reserved.