グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  製品紹介 >  DeepSky(ディープラーニング画像検査)

DeepSky(ディープラーニング画像検査)


「検 査 革 命」
AI(ディープラーニング)で画像検査が劇的に簡単になります。

DeepSky(ディープスカイ)は現場ユーザーが簡単に運用できるオールインワン&シンプル操作のAI画像検査ソフトです。見つけたいもの(OK/NG)をマウスで囲んで「学習」ボタンを クリック。10分後(※)には合否判定ができる検査機に成長します。
FA現場の画像処理製品を1000例以上提供・サポートしてきたスカイロジックが現場目線で設計しました。

※必要な学習時間は対象によって異なり、5分から数時間程度です。

次のような現場に向けて開発されました

  • これからAIの活用を小さく始めたい
  • 今の検査機の判定精度に不安がある
  • 検査機の設定ができる人が限られている
  • 検査員の人材確保・育成が困難
  • 精度や検査基準がばらつく
DeepSkyはPC1台で「画像データ収集→学習→判定」を行うことができます。撮像した画像内で見つけたい部分を囲んで「学習」ボタンをクリックするだけ。AIが自動で設定パラメータを調整し、対象物を認識するようになるため、これまでの難しい設定作業が不要になります。AIの画像処理は従来の手続き型(ルールベース)の画像処理とは異なり設定が簡単で、複雑かつ変化しやすい条件下での判定に強みを発揮します。

DeepSkyで検出できるもの

欠陥検査

布製品の汚れや破れ、シボ加工された成形品、実装基板など

異物の検査

毛髪や虫の混入、プラ成型品のコンタミ

傷の検査

プレス成形品の打痕、キズなど

計数・数量判定

部品の員数管理、箱詰め製品の抜けや向きの確認など

組付け確認

ワイヤーハーネスの配線色、部品の配置間違い・半勘合など

有無の確認

添付、同梱物、取り付けた部品などの確認

対象物の分類

製品の組み合わせの確認など

状態の監視

物体の回転/停止の確認、異常状態の判定など

上記は一例です。その他様々な検査が可能です。詳細はページ下部にある事例集をご覧ください。

対象物を動かしながらの検査にもご利用頂けます。

 DeeySkyの連続検査モードを使用します。NG検出時にI/Oユニットから出力することもできます。

2台のカメラを使用した検査例

カメラを複数台使用する場合、学習時・判定時においてGPUメモリ容量による制限を受けることがあります。詳細はお問合せ下さい。

機能と価格

機能 価格 説明
学習版 ¥480,000 本製品で画像収集から運用までに必要な機能が全て使用できます。画像データ収集、アノーテーション(※1)、学習(※2)、判定が可能です。
運用版 ¥198,000 画像データ収集、アノーテーション(※1)、判定が可能です。学習(※2)は「学習版」搭載のPCで行うか、「学習サービス」をご利用下さい。
学習サービス ¥19,800
/データ
お客様からお送り頂いた画像とアノーテーションデータをもとに弊社で学習データを作成します。(アノーテーションも合わせて行う場合はアノーテーション数に応じた設定作業費用が必要となりますのでご希望の際はご相談下さい。)
(※1)アノーテーションとは画像内で認識したい箇所(カウントしたい部品、異物、間違いなど)を四角形で囲む作業のことです。(※2)学習とは、アノーテーションされた画像データ(10~1,000枚程度)をもとに、判定に必要なパラメータデータを作成する処理のことです。

導入には別途PCとカメラが必要になります。動作確認済みの型番等につきましてはお問い合わせください。

動作環境とオプション

パソコン※ OS Windows10(64bit)
CPU Core i7
RAM 16GB
GPU NVIDIA GTXシリーズ
カメラ+レンズ 130万画素カラー(グローバルシャッター)
レンズは対象物のサイズと撮像距離により選定
I/Oユニット インテリジェントI/O
品種変更(32種類まで)、I/Oによる検査の実行、OK/NG/BUSYの出力が可能。
※特定のPCで動作を確認しております。型番や仕様の詳細についてはお問い合わせ下さい。

評価からご導入の流れ

■評価依頼書のダウンロードはこちら(評価依頼書は「info@skylogiq.co.jp」までお送り下さい。)

ボタンクリックでお問い合わせページへ移動します。

製品仕様と特徴

仕様
学習に使用する画像枚数 10枚~1,000枚程度(検出対象の特徴が明確なほど少ない枚数、少ない時間で学習できます。)
学習時間 5分~数時間程度
一品種あたりの登録可能な検出対象 1~100種類
カウント個数 0~1000個
画像保存 品種ごとにOK、NGフォルダに分類して保存。(JPG、PNG)
CSV(Excel)データ保存 品種ごとに月(または日)ごとに分割して保存。
I/O入出力 オプションのインテリジェントI/Oにより品種切替と検査トリガの入力、OK/NG/BUSY出力を行います。
RS232C通信または
ソケット通信
品種切替と検査開始、合否判定出力を行います。また検出物のラベル名と個数を返します。
特徴
検出パラメータ設定、
プログラミング
不要
クラウド利用 不要
利用期限
(月間/年間利用料)
なし
 

Deepsky(ディープラーニング)とEasyInspector(手続き型&機械学習)の違い

Deepsky EasyInspector
位置決め 不要 通常は治具による位置決めが必要。ズレ補正機能あり。
照明の簡便さ 室内光でも問題無い場合が多い。光源の反射や光量の変化も含めて学習させることができる。 光源の直接反射や光量の変化により誤判定となり、工夫が必要な場合がある。
環境変化 明るさなどの環境変化を含めたデータを学習させることができる。 窓際など明るさが変化する環境は誤判定の原因となる場合がある。
パラメータ調整 不要(不可) 詳細に設定が可能(ただし設定に時間がかかる場合がある。)
誤判定発生時の対応 追学習(学習データを追加して再学習)を行う。 誤判定発生の原因分析とパラメータの再調整を行う。
複雑な背景(食品や柄布など)の中の異物 背景と異物が同系色の場合困難。
画像に写っている部品、製品の認識と分類 不可
合格パターンが複数ある(形状や色が一定ではないなど良品同士のバラツキがある)ものの合否判定 複数の合格パターンと複数の不合格パターンを学習させることで判定可能。 困難(一定の特徴量によって一律に判定ができる場合は可)
面積判定 基準に対し大/小の判定は可能だが、面積の算出は不可。 定量的(cm²)に算出し、数値に基づいた判定が可能。
長さや角度の測定 不可 定量的(mm、度)に測定可能。
プログラミング 不要 不要

検査事例100+

100以上の検査事例をジャンル別にご覧頂けます。
AI(ディープラーニング)により画像処理で判定できる分野が大きく広がりました。
下の例はDeepSkyを使用した様々な画像処理結果です。
画像クリックでそれぞれのジャンル別ページに移動します。

欠陥の検出

現在公開中の事例は22件です。

異物や傷の検出

現在公開中の事例は7件です。

計数・数量の判定

現在公開中の事例は10件です。

組付けの確認

現在公開中の事例は22件です。

対象物の分類・組み合わせ確認

現在公開中の事例は16件です。

有無の確認

現在公開中の事例は11件です。

状態の監視

現在公開中の事例は12件です。

その他FA以外の用途

現在公開中の事例は6件です。



ボタンクリックでお問い合わせページへ移動します。